押し寄せる非日常!!!退屈知らずの夏が始まる!!超ド級刺激満点新連載第1弾!!ということで、松井優征先生の「暗殺教室」がスタートです。なんという、タイトル…。
 人間じゃねぇ!銃!実弾!?

 対先生特殊弾…だと…!?人型じゃない理由が分かる。

 一生三日月…だと…!?担任!

 100億円?!金の力!毒気!

 一年。

 E組?特別なクラス?進学校、そういう訳か。

 「触手なりけり」www。

 眠くなる?

 殺れば出来る。

 ど怒り。

 過去?

 殺せんせー。

↓続き↓

例えば、魔人探偵脳噛ネウロだと、実在の人物を連想される表現とかが、かなりあって、また、そういう毒気に満ちた連載になるのかな?と期待していたのですが、その部分は、マイルドになっている気がしますが(先のことは分からんですが)、それ以外の部分が凄いなーと、思いました。

 例えば、東京都で非実在青少年とか、今思うと失笑するような言葉が出た時に、いや、それ以前にもあったと思いますが、「登場人物は全員成人です。」みたいな、どう考えても、無理があるような注釈がマンガやゲームであったりしたのですが(今もあるかも知れないけど)…そんなのを思い出しました

暗殺教室(松井優征)ネタバレ注意!第1話「暗殺の時間」の毒気が好きだ!ジャンプ感想2012年31号2【週刊少年ジャンプ感想】